産婦人科での大切な役割

11月 21, 2015 · Posted in · 産婦人科での大切な役割 はコメントを受け付けていません。 

産婦人科は、妊娠初期の検査から分娩・出産後の健康管理など、女性の健康を管理するためには欠かせない診療科です。また、産婦人科には婦人科業務もあり女性性器に関する疾患も多いことから、大変デリケートな問題を扱うという性質上、女性看護師の存在が不可欠な診療科目とされます。基本的な産科の業務は、周産期の健康管理に関するものや、分娩・出産後の健康管理なども挙げられ、帝王切開が必要な場合はオペも行われます。そのため、手術に関する看護スキルも要求される場所です。また、産科の看護師は流産などの心理面のケアに携わるケースもあるため、カウンセリングの技術などが不可欠な要素となる場合も見られます。そのようなことから、ケアストレスカウンセラーの資格や精神対話士など、メンタル面のサポートに特化した資格を取得し、女性の悩みを解消している看護師も増えているようです。それゆえに、産婦人科で働く看護師に必要とされるスキルは多岐にわたります。基本的な看護資格に加えて、心理ケアに関連する専門資格を取得していることで、より有能な看護師として高い評価を得やすい職場です。さらに、婦人科では性感染症や不妊治療なども扱い、女性に特有の更年期障害の症状に関するケアも行われるため、女性で無ければ理解できない心理状態なども加味した上で職務に従事しなければなりません。これらの理由から、女性特有の疾患や心理面のサポートが重要な役割を担うため、多種多様な看護技術を身に付けていることが必要です。